大崎ウィズタワー|フロアガイド・アクセス・駐車場

スポンサーリンク

大崎ウィズタワー
Osaki Wiz Tower

大崎ウィズタワーは、大崎ウィズシティ内にある地上24階、地下2階、塔屋1階、高さが約110mのオフィスビルで、JR各線「大崎駅」下車、歩行者デッキで徒歩4分の場所にあります。

大崎ウィズタワー、右隣に隣接している白い建物はマンションの「ル・サンク大崎ウィズタワー」です。

右隣に隣接している白い建物はマンションの「ル・サンク大崎ウィズタワー」です。

大崎ウィズタワー

大崎ウィズタワー

大崎ウィズタワー

大崎ウィズタワー

 

大崎ウィズタワーのフロアガイド・店舗案内(ショップ&レストラン・クリニック)・アクセス・駐車場・バイク駐車場・自転車駐輪場案内・ビル情報など

フロアガイド

 4F-24F

  オフィス

 3F

  エントランス

  店舗等

 1F・2F

  店舗等

B2F・B1F

  駐車場

 

店舗案内(ショップ&レストラン・クリニック)

 3F

郵便局
大崎駅西口郵便局

大崎を「住みやすい街NO.1」へ
コミュニケーションを大事にする郵便局

大崎駅西口郵便局は、西品川2丁目の西品川郵便局が移転・改名した新しい郵便局だ。近年、大型開発で発展を続ける大崎駅だが、実は駅西口に郵便局がなかった。郵便局の誕生は、西口エリアの利便性を大きく高める役割を担っている。窓口ロビーの広さは実に、移転前の約5倍で、東側が全面ガラス張りになっており、日の光がたっぷりと降り注ぐ。内装の設計時に最もこだわったことは、「お客さまが窮屈しない開放的な空間をつくること」。

また、金融商品やサービスなどについて、お客さまとゆっくり話し合うための広々とした相談カウンターを用意する。提供するサービスは、郵便窓口や貯金窓口、保険窓口、ATMなど。都市部にある洗練された施設でありながら、地域とのコミュニケーションを第一に考える「繋がる郵便局」としての歩みを進める。

 

焼肉・ホルモン
池上線ガード下物語

「大崎の焼肉店」と言えばココ!
看板メニュー「幻のホルモン」は注文率98%

「焼肉ホルモン市場 池上線ガード下物語」は、約10年前に五反田駅のガード下で創業。その後、西品川への店舗移転を経て、2014年に大崎ウィズシティに出店した。ランチタイムには、近隣のビジネスパーソンで大賑わい。開放的な内装の店内には、女性同士のグループ客も多く訪れる。人気のランチメニューは「半鶏湯定食」。コラーゲンたっぷり、特に女性のお客さまが好んで注文する。

ディナーに訪れた際には「幻のホルモン」は外せない。来店客の実に約98%が注文するこのメニューは、脂をつけたままの牛の大腸を提供する創業時からの目玉だ。栄養満点のおいしい焼肉で大崎の街を元気にする「池上線ガード下物語」。「幻のホルモン」をはじめとするこだわりのメニューを食べて、明日の活力につなげよう。

 

 2F

不動産・住まい相談窓口
住まいるCafe VINICE大崎
[ヴィニーチェ大崎]

カフェスタイルの「住まいの相談窓口」
地域密着「つながりづくり」の拠点を目指す

「住まいと地域のコンシェルジュ」をコンセプトに、2014年4月にオープンした「住まいるCafe VINICE大崎(ヴィニーチェ大崎)」。住まいるカフェ19店舗目の大崎店は、新築・中古マンションや戸建の売買・賃貸・リフォームまで住まいに関する窓口として、気軽に入りやすいお店づくりを目指している。

また「マンション購入学」や「ハンドメイド雑貨セミナー」、「お手軽フレンチ試食会」など、「住まいと暮らし」をテーマにしたイベントやセミナーを開催している。これまでにある街の不動産屋さんとは一線を画した、新しいカフェスタイルの住まいの相談窓口だ。

 

図書取次施設
おおさきこども図書室

おはなし会などの催しも楽しみな
図書取次施設、「おおさきこども図書室」

昨年10月に閉館した貸し会議室「ミーティングスペースBULB」跡に、このほどオープンした「大崎駅西口図書取次施設」(愛称:おおさきこども図書室)。ThinkParkの裏手にあった旧大崎図書館の移転に伴い、大崎駅西口エリアの新たな図書機能を担う目的で開設された施設だ。品川区では、「未来を担う子供達の自主的な読書活動の推進」をテーマとした幅広い取り組みを行っているが、この「おおさきこども図書室」もこうした取り組みの一環となるもの。約150㎡の施設内には、幼児向けの絵本など、

約1,300冊(今後2,000冊予定)を所蔵するほか、靴を脱ぎ、くつろいで本を読めるスペースも設け、スタッフによる「おはなし会」(毎週水曜開催)も行っている。そのほかにも図書取次施設として、予約した本、雑誌、CDなどの受け取りや返却ができ、また本に関するさまざまな相談にも応えてくれる。大崎駅からデッキで徒歩約4分の近さにあり、通勤途中での利用や働くお母さんにも便利な“子どもや家族揃って使える図書施設”として 、これからますます、そのパフォーマンスが期待されている。

 

事務所
大崎エリアマネージメント

大崎エリア活性化の源
魅力とにぎわいを作る「まちのマネージャー」

2007年「魅力とにぎわいのある都市空間の形成」を目的に創立された「OAM(大崎エリアマネージメント)」。大崎エリアのまち運営について、行政や地権者、地域住民、建物の管理運営者などの事業関係者同士を繋げる役割を果たす一般社団法人だ。業務内容は、地域の事業計画の調整や公共空間の管理・運営など。

また、毎年10月に開催する大崎の名物イベント「しながわ夢さん橋」や目黒川をピンクのイルミネーションで飾る「目黒川みんなのイルミネーション」など、地域活動の支援も行う。ほか、駅の南口に設置された大型モニター「大崎ウェルカム・ビジョン」の運営や情報誌「新鮮大崎」の発行も。まさに、いま大規模な発展を続ける大崎の舵を取るOAM。活躍の成功事例は、国内外の多くの自治体からの注目を集めている。

 

歯科医院
SRデンタルクリニック

最新鋭の機器、徹底した衛生管理の下、
未来を見据えて先端治療を行う歯科医院

SRデンタルクリニックに入ると、プライバシーへ配慮が行き届いた用途別の個室に案内される。白を基調とした部屋ごと異なるアクセントカラーがよく効いた空間は、ただ悪くなったところを治療する場所というより、新しい日々の訪れを心身ともに備えるプライベートスペースにいる、とてもポジティブな感覚だ。縁の下で生活を支えるテクノロジーの進化がもたらす恩恵を当院では実感できる。

「被せもの」の製作工程は鋳型からではなくスキャニングによる3Dデータから。治療開始前の検査データも撮った直後から目の前の大きなモニター上に映し、様々な角度で確認しながらカウンセリングを受けられる。患者にとって不安の多い治療にあたり、多くのことを目で見て丁寧な説明を受けられることは安心できる要素だ。最新鋭の機器が操られ「デジタル時代の次世代デンタルクリニック」と呼べそうだ。

 

接骨・鍼灸・カイロプラクティック
大崎駅前はり灸整骨院

院長は地元出身の柔道整復師
がんばるカラダに活力を与えたい

2014年5月にオープンした「大崎駅前はり灸整骨院」。大崎周辺の住民や通勤者など、すべてのがんばる人に活力を与えることを目指した整骨院だ。フロアの角部屋に位置し、陽の光がたくさん降り注ぐ明るい店内には、最新の治療機器がずらりと並ぶ。はり灸は、マッサージだけでは届かない深部のコリを和らげる効果的な治療法といわれ、マッサージと組み合わせて受けるのがオススメ。

カイロプラクティック・全身調整では、骨盤・脊髄・胸郭を整える「トムソン・テクニック」という手技療法を応用。少ない刺激で安全・的確な矯正を行う。「最近、身体の調子がよくない」「違和感を覚える」など、日常生活において体の不調を感じることは少なからずあるはず。大崎の新たな癒しスポットで、凝り固まった身体と心を解きほぐしてみよう。

 

 1F

ラーメン
六厘舎
ろくりんしゃ

並んででも食べたいクセになる味
言わずと知れた大崎発・つけめんの名店

2005年に大崎に誕生したつけめん店「六厘舎 大崎本店」。ほどなく2時間待ちの行列ができる人気店となり、東京駅や東京ソラマチへの出店も果たした。しかし、その人気が仇となる。大行列の解消のめどが立たないことを理由に、やむを得ず2010年に本店を閉店。その後2012年からは土曜日のみという条件付きで営業を再開した。

そして2014年3月、新たに大崎ウィズシティへの新規出店を発表。今年4月、創業の地・大崎で念願の復活オープンを果たした。そんな六厘舎の主力メニュー「つけめん」は、食材の旨味を凝縮した濃厚な魚介スープと太麺の歯ごたえの良いめんが特徴。各テーブルに用意された魚節や特製香辛料などをお好みで加えてもおいしい。老若男女問わず、多くのファンを魅了する日本屈指のつけめん店である。

 

スーパーマーケット
まいばすけっと大崎駅前店

大手スーパーチェーンの記念すべき500店舗目
大崎住民やビジネスパーソンの生活を支える

東京・神奈川を軸に展開するスーパーマーケット「まいばすけっと」。2014年7月18日にオープンした「大崎駅前店」は、ちょうどチェーン500店目となるメモリアルストアだ。「お客さまが買いたいもの」を取り揃え、鮮度の高い食品を数多くラインナップ。

お客さまとのコミュニケーションを第一に考え、店内ではスタッフが積極的に声をかけている姿も。スーパーマーケットの数が少ない大崎エリアにおいて、地域に欠かせないインフラとして住民やビジネスパーソンの生活を支えている。

 

ダイニング&カフェ
Little Food Court Cafe KITECHO
リトルフードコート カフェ キテチョ

おいしい料理とあたたかい空間でおもてなし
会話が弾むイタリアンカフェ

元児童館館長の店長・堀内いづみさんとイタリアンシェフ歴37年のご主人・弘さんが経営する「リトルフードコート Cafe KITECHO(カフェ キテチョ)」。店名は、お察しのとおり「来てください」という意味。店長のいづみさんが以前の職場で壁にぶつかったとき、飲みに誘ってくれた上司の言葉だという。「飲みにキテチョ」という一言で救われた体験から、お客さまに元気を与える場所であることを願って名づけた。

人気メニューは「マルゲリータ」。窯で焼き上げたアツアツのピザは、もっちりとした生地が特徴だ。ソーセージやコーン、アンチョビなど、豊富な種類のトッピングを用意し、お好み感覚のピザが味わえる。ほか、「温泉卵のジュレ」や「チキンディアブル」、日替わりの「選べる一口プレート」、本日の「きまぐれMENU」などを提供。窓から見える大崎ウィズシティの豊かな緑と店長の愉快なトークを楽しみながら、おいしいイタリアンを召し上がれ。

 

クリーニング
ポニークリーニング

クリーニングでお客さまにリラックスを
信頼される「街のクリーニング店」を目指す

「ポニークリーニング」は、1966年の創業以来、首都圏・中京圏に600店舗以上を展開する大手クリーニングチェーンだ。地域に根ざしたクリーニング店として、各地で人々の暮らしのサポートしている。 スタッフ全員は、徹底した研修制度を受けたクリーニングのスペシャリスト。「食べ物のシミがついてしまった」「こういう素材の衣類はどうやって保管すればいいの?」など、クリーニングに関するあらゆる悩みに答えてくれる相談窓口だ。

利用客の大半を占めるのは、子連れのお母さん。最初はお試し利用だとしても、リピーターになってくれるケースが多いそうだ。クリーニング店は定期的に利用するお客さまが多い。安心して衣服を預けていただくためにも、お客さまとは積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが大切だと考えている。クリーニングでお客さまの暮らしにリラックスを提供したい。ポニークリーニングは、今日も笑顔でお客さまをお迎えする。

 

弁当・惣菜
BLACK ELEPHANT
ブラック・エレファント

本場インドカレーはそんなに辛くない!?
テイクアウト専門のインド料理店

テイクアウト専門のインド料理店「ブラック・エレファント」。来日8年目のインド人シェフ・ネギさんが提供するカレーは、本場のつくり方で日本人の味覚に合わせた「辛くない」カレーだ。一番人気は「バターチキンのカレー」。このほか、「ポークカレー」や「かぼちゃのカレー」など約12種類から日替わりでセレクトした4種類を用意する。

もちろん、「タンドリーチキン」など、カレー以外のサイドメニューも充実。メインターゲットは、近隣で働くビジネスパーソン。オフィスビルが抱える「ランチ難民問題」を解決するために始めた店だけに、リピーターも着々と増加。おいしいインド料理が、大崎の街にスパイスを効かせる。

 

株式会社 セイワエンジニアリング

水道・電気工事を担う住宅のエキスパート
「即座に対応」モットーに,大崎の暮らしを支える

オール電化事業を手がける「セイワエンジニアリング」。電気温水器の取り付け・修理・点検を得意とし、業務範囲はIHクッキングヒーターや電気式床暖房の設置、エアコン・換気扇の据付工事、給水・給湯配管張替など多岐にわたる。また、屋根・壁面の塗り直しや全面リフォーム工事など、住宅に関するお客さまのあらゆる悩みに柔軟に対応する。

同社は2008年に大崎で開業。基本対象エリアとする東京・城南地区のほか、要望があればどこへでも駆けつける。困ったときにはすぐ駆けつけてくれるセイワエンジニアリングは、街の頼れる「エキスパート」。周辺住民や企業を顧客に、快適な暮らしと職場環境を提供している。

 

理容室
Barber&facial FUZI

頭皮マッサージでリラクゼーション
大崎で2代続く「癒し」の理容室

豊かな緑に癒される空間を前にする「Barber&facial FUZI」。2代目店長の田中奈緒美さんの理容師歴は15年。母の代では、同じ大崎2丁目で「冨士理容室」として営業していた。大崎ウィズシティへの出店を機に店名を「FUZI」に変え、まさに心機一転のスタート。コンセプトは「癒し」。店内は木材の家具と明るいベージュカラーで、ぬくもりあふれる雰囲気となっている。

看板メニューの頭皮マッサージは、やさしく心地よい気分にさせる人気のサービスだ。メインターゲットは30代以上のビジネスパーソン。忙しく過ぎる日々の中に、「癒し」という楽しみを提供する「Barber&facial FUZI」。仕事で疲れたときにふと立ち寄りたくなるリラックス空間だ。

 

アクセス

所在地:東京都品川区大崎2丁目11番1号

最寄り駅:JR線「大崎駅」新西口徒歩4分
(駅より3階レベルで歩行者デッキ直結)

 

 

駐車場・バイク駐車場・自転車駐輪場案内

駐車場

大崎ウィズタワー、駐車場入り口。

大崎ウィズタワー、駐車場入り口。

台 数:156台(住宅用・商業用含む)
※来街者用駐車場は用意がございませんので、
近隣の駐車場をご利用ください。

 

バイク駐車場

大崎ウィズタワー、バイク駐車場。

大崎ウィズタワー、バイク駐車場。

台 数:7台
営業時間:24時間稼働
料 金:2時間無料、以後1時間/100円

 

自転車駐輪場
台 数:77台
営業時間:5:00~25:00
料 金:2時間無料、以後2時間/100円

 

大崎ウィズタワーに関する情報

着 工:2011年8月

竣 工:2014年1月

階 数:地上24階、地下2階、塔屋1階

構 造:地上:S造、地下:SRC造

延床面積:約58,411 ㎡( 約17,670坪)

高 さ:約110m

設 計:(株)協立建築設計事務所・清水建設(株)設計共同企業体

施 工:清水・NIPPO 建設共同企業体

 

※2019年5月11日現在の情報です。

 

スポンサーリンク

まとめ

大崎ウィズタワーは、大崎ウィズシティ内にある地上24階、地下2階、塔屋1階、高さが約110mのオフィスビルで、JR各線「大崎駅」下車、歩行者デッキで徒歩4分の場所にあります。

 

スポンサーリンク